医学部の予備校の決め方とノウハウについて

ノウハウさえきっちりおさえれば

息子が医学部に行きたいと言い出した | 実績がある予備校を選ぶのも大切 | ノウハウさえきっちりおさえれば

結局、どれだけの勉強ができるのか、過去問をやっていけるのかということが勝負の分かれ目だったようだということです。
さらには、少しでも苦手な分野があったら徹底的に教えてもらえる環境があったので、最終的にはどこの問題を出されても回答できるという自信をつけてもらったのがよかったということでした。
さらには面接の練習もやってもらったということです。
その中でちょっといじわるな質問なども事前に練習することができたので、本番の面接のときでも緊張しながらも、心の準備がもてたので、冷静に対処できたということでした。
このような細かいフォローがあったからこそ、現役で合格することができたのです。
高校2年の終わりという普通ではありえない選択でしたが、ノウハウさえきっちりと押さえてやっていけば、なんとかなるのだというのが我が家の経験です。