医学部の予備校の決め方とノウハウについて

息子が医学部に行きたいと言い出した

息子が医学部に行きたいと言い出したのは、高校2年生の終わりです。
一般的に医学部志望というと中学生から志望していたとか、遅くとも高校1年くらい塾通いをして、きちんと医学部むけの対策を始めるのがふつうです。
でも我が家はあまりにも遅かったので本当に、いわれたときには途方に暮れました。
ただ、息子の通う高校が進学校で、東大や京大を志望する生徒も多いという環境にあったので、高2の終わりであってもその後、爆発的に勉強をしたらもしかしたら可能性は10%くらいはあるのではないかと思ったのです。
そして息子が志願したからすぐに、医学部に息子さんが通っているという人を探して医学部合格のための予備校選びのノウハウを教えてもらいました。
予備校選びのポイントは、いい教師がいるかどうかということも大きいです。
医学部を目指す子というのは、ある程度のレベルがあるのが当然ですがそこから点数を上げていくのは先生との相性がいいということが決めてです。
とくに良い先生がいるという予備校を教えてもらったのがよかったです。

医学部合格実績豊富な予備校は学校の授業の何倍も難しかったけど

医者になりたいという夢があったわけではなかったのですが、子供の頃から勉強が好きだったので県内一の高校に入ることができ、順位も常に上位に食い込んでいました。
トップをキープするのは難しいものがありましたが、それでも特に何かをしたわけでもなくトップになることもできましたから勉強に関しては自分の中で自信がありました。
そうなると進路は自分の学力を最大限に活かすことができるものがいいなと思っていて、出た答えが医学部を目指すということだったのです。
医者になるということよりは自分の力を証明したいという気持ちが強く、それだったらレベルの高いところを目指してみようということになりました。
しかし、自分の家はごく普通の家庭ですから私立に通うのは難しく狙うのは国立一本ということになるため、かなり難関な道のりということになります。
それだけに実力を証明するにはまさにうってつけということで燃えていたのですが、対策もなしに合格ができるとは思わなかったので予備校に通わせてもらうことになりました。
予備校にかかるお金だって馬鹿にすることはできないわけですが、医学部を目指すことができるチャンスがあるならその可能性を高めるための手助けはするということで、通わせてもらうことになったのです。
医学部対策に特化している予備校に通うことになったので、受験に対する準備としては完璧だったのですが初めて講義を受けたときにはレベルの高さに驚きました。
学校の授業の何倍も難しいもので、これほどまでに難しいことを覚えなければ合格ができないのかと思ってしまいました。
予備校に通うお金のことを考えると、不安になってしまったのですがこのようなところで不安に思っていてはいけないと、迷いを無理やり振り払いました。
最初こそレベルの高さに戸惑ってしまったのですが、指導力が違うので慣れてくると難しいことでもスムーズに頭に入ってくるのがわかりました。
難しい難しいと思っているとパニック状態に陥ってどんどんわからなくなってしまいそうなところでしたが、冷静にしっかりと講師の言っていることを聞いていれば、実に分かりやすく教えてくれるというのがわかったので、講義を受けていれば対策は問題がないということを理解することができ、そこからはプレッシャーから解き放たれることになりました。
確かに内容的には簡単な物ではありませんが、要点を抑えて教えてもらうと難しいものでも筋道を立てて覚えることができるので、そこまで難しさを感じるものではなく結局どのような問題にしても、正解のルートが有るということを理解できただけでも気持ちが楽になりました。
これは講師も言っていたことですが、地頭の良さだけで今までやってきた人は壁にぶち当たるとパニックになるけれども、もう一度勉強の仕方を理解すれば元々の能力からいくらでも対応できるということだったのです。
その話を聞いた時に自分と似たような状況の人達が同じような壁を乗り越えて合格をしていったと考えると、俄然ファイトが湧いてきました。
それから学力は順調に伸びていくことになり、受験二ヶ月前の時点で合格できるという自信がたっぷりとありました。
できることは緊張して失敗をしないようにするということだけで、とにかく全力を出し切ることができるように残り二ヶ月を過ごすことにしました。
受験の3日ほど前からは体調管理だけを気をつけるようにして、あまり根を詰めずリラックスするようにしていたのです。
状態は完璧という形で受験に挑むことができ、内容も問題ありませんでした。
やるべきことは全てやった状態で合格発表を待ったところ、余裕の合格であったため自分の実力を証明できた気がして嬉しかったです。
"

息子が医学部に行きたいと言い出した | 実績がある予備校を選ぶのも大切 | ノウハウさえきっちりおさえれば